イメージしよう

サービス価格は変化していない

フライヤー印刷の代行は昔から行われていました。機械の技術を使ったサービスとしては歴史深いフライヤー印刷ですが、価格の見直しは進んでいません。正確にはサービスが登場した頃には、価格を下げる余地がありませんでした。材料となるものは紙とインクであるため、大きな値下げを期待する事はできません。そして複製に使った印刷機も大量生産をする事は可能でした。 インクの消耗度や機械を動作させるエネルギー効率は見直されていますが、それでも大きな値下げをする効力はありません。ただし価格以外の面は間違いなく進化しています。例えば当初のフライヤー印刷は白黒の2色が主流でした。しかし安価でフルカラー印刷を実装する事ができるようになり、色数がサービス料金に影響しなくなっています。

複製機の登場によって生まれたサービス

フライヤー印刷の代行によって、様々なサービスが多くの人に認知されました。しかしその手法はフライヤー印刷のサービスが開始される前から行われていたのです。重大な事件が起こった際にチラシをばらまいて周囲に知らせる事は、江戸時代から行われていました。それ以前に紙と墨の歴史は1000年以上の蓄積があります。つまり何かを記して多くの人に伝達する事は、歴史を通して行われてきた事なのです。 しかし複製する手段が存在しなかった頃は、現在よりもチラシの生成に時間を要しました。それを考慮するならば複製機やフライヤー印刷の代行業が登場した事が、利便性を上昇させている事は相違ありません。現在ではインターネットを使った情報発信が行われるようになり、物理的な媒体さえ使う必要がなくなりました。